生理前にグリーンスムージーは効果的なの?

生理前にグリーンスムージーを飲むのは効果的なの?

生理前の女性特有の症状がPMS(月経前症候群)で、日常生活に支障が出ている方も少なからずいます。

そんな状態に適している飲み物の一つがグリーンスムージーで、症状を和らげるセルフケアに繋がるのです。

そもそも、生理前のPMS(月経前症候群)でどのような症状が引き起こされるのか見ていきましょう。

・些細なことでイライラしやすい
・頭痛が酷い
・眠気が強い
・目の奥がズキズキずる
・下腹部が膨らむ
・お尻が痛い
・唇が荒れる
・体臭がキツくなる
・胸が痛くなる
・頭皮が脂っぽくなる
・おならが出る
・集中できない
・倦怠感で悩まされる

このように様々な症状が身体に生じ、一定期間に渡って続くので辛いのは間違いありません。

排卵によってプロゲステロンとエストロゲンの女性ホルモンが分泌され、ホルモンバランスが乱れることが直接的な原因となって身体の不調を引き起こすのではないかと考えられています。

このPMS(月経前症候群)にグリーンスムージーが良いと言われているのは、以下のような栄養素が含まれているからです。

ビタミンB2:皮脂の分泌をコントロールして肌の不調を和らげる
ビタミンB6:女性ホルモンの働きを助けながらむくみを緩和する
カルシウム:精神的にイライラしやすい状態を抑える
マグネシウム:気分の落ち込みを緩和する

上記の栄養素が不足していると症状が悪化しやすいので、野菜と果物を原材料として使っているグリーンスムージーを飲みましょう。

生理前の不快な症状の治療に繋がるわけではありませんが、身体の内側から栄養素を摂取して症状の緩和を図ることができます。

生理前に肌の不調が引き起こされ、ニキビや吹き出物によって更にストレスが溜まるという悪循環に陥るケースは多いので、グリーンスムージーを飲んで体質改善を図ってみてください。

グリーンスムージーを飲んで生理前の異常な食欲を抑えよう

生理前の女性はホルモンバランスが原因となり、異常な食欲で悩まされることがあります。

食欲があるのは普通ですが、生理前にドカ食いをして太ってダイエットの弊害になると悩んでいる女性は少なくありません。

そこで、異常な食欲を少しでも抑えるために、夕食前の空腹時にグリーンスムージーを飲んでみましょう。

暴飲暴食に走って甘いお菓子ばかりを食べていると、カロリー過多に陥ったり体重が増えたりという弊害があります。

その点、グリーンスムージーならば野菜や果物を中心に作られているので実に健康的ですし、お腹を膨らませて満腹感を促すグルコマンナンといった食物繊維が含まれているのです。

太るのを恐れて生理前に無理な食事制限をしていると、プロゲステロンの分泌量の増加で血糖値が下がり、次に食事をした時に急激に上がって太りやすい体質となるのでグリーンスムージーを上手く取り入れてみてください。


グリーンスムージーの基礎知識