グリーンスムージーのメリット

グリーンスムージーのメリットは何?

初めてグリーンスムージーにチャレンジしようと考えている方のために、このページではどのようなメリットがあるのか記載しています。

グリーンスムージーのメリットを把握した上で、毎日の生活の中に取り入れてみてください。

ジュース状にしてたくさんの野菜や果物を摂取できる

ジュース状にしてたくさんの野菜や果物を一度に摂取できるのがグリーンスムージーの最大のメリットです。

外食やインスタント食品に偏った食生活を送っていると、知らず知らずのうちに野菜不足に陥ります。

野菜を食べないことで栄養素が不足し、どのような影響が身体に引き起こされるのか以下ではまとめてみました。

ビタミンB1不足:腱反射の消失や心臓の肥大が引き起こされる
ビタミンB2不足:内蔵機能が低下したり粘膜の炎症が生じたりする
ビタミンC不足:倦怠感や関節の痛みなどの壊血病のリスクが増す
カルシウム不足:歯が弱くなったりイライラしやすくなったりする
マグネシウム不足:震えや筋肉の痙攣が引き起こされる
鉄分不足:貧血の症状で悩まされやすくなる
カリウム不足:食欲不振や吐き気といった症状で悩まされる

ビタミンやミネラルが不足すると上記のような弊害があるので、グリーンスムージーを飲んでバランス良く摂取するのが良いことがお分かり頂けるはずです。

1日に必要な野菜や果物をサラダだけで食べるのは少々難しいため、手軽に飲めるグリーンスムージーが大いに役立ちます。


栄養素の吸収率が良い

野菜や果物を普通に食べるよりも、グリーンスムージーは吸収率が良いというメリットがあります。

ミキサーにかけて細かくしているので食べるよりも飲むような形で摂取できますし、胃の負担や酵素の消費が少なくなるのも特徴の一つです。

通販で既製品のグリーンスムージーを購入するのはもちろんのこと、自宅でオリジナルレシピで作っても献立が必要ないので簡単に続けられます。

それに、加熱したり茹でたりすると栄養素が壊れたり流れ出たりという弊害があり、本来の成分を効率良く取り入れることはできません。

ビタミンやミネラルが不足すれば美容や健康の大きな妨げとなるので、吸収率の高いグリーンスムージーを飲み続けていきましょう。

味を個人の好みによって自由に変えられる

野菜を調理して食べる場合、いちいち献立を考えなければなりません。

その点、グリーンスムージーならば水ではなく牛乳や豆乳と混ぜ合わせることも可能で、味を個人の好みによって自由に変えられるというメリットがあります。

・水で混ぜ合わせると野菜の苦味が強くて飲みにくい
・青汁よりは臭みが緩和されているけれどまだ苦い
・水で溶かして飲む方法には飽きてしまった

上記のような方は牛乳や豆乳と混ぜ合わせてみるのが良いですし、粉末タイプのグリーンスムージーならばヨーグルトの上に乗せて食べるのも選択肢の一つです。


グリーンスムージーにデメリットはあるの?

グリーンスムージーはメリットだけではなく、幾つかのデメリットもあるので事前に心得ておかなければなりません。

どのようなデメリットがあるのか下記では簡単にまとめてみました。

・冬場にゴクゴクと飲んでいると内蔵の冷えに繋がって不定愁訴で苦しみやすい
・流動食のグリーンスムージーばかり飲んでいると胃腸本来の機能低下を引き起こす
・咀嚼せずに飲んでいると唾液の分泌量が減って野菜や果物の栄養素が分解されにくくなる
・自宅で作る場合は新鮮な食材を用意してミキサー本体を購入しなければならない

間違った飲み方を続けている方は特にグリーンスムージーのデメリットが顕著にあらわれやすくなっています。

そのため、「流動食に頼るだけではなく普段の食事でも野菜を食べる」「飲むのではなく食べるイメージで咀嚼しながら摂取する」という点に気を配るべきです。

また、気温の低い冬場は冷たいグリーンスムージーではなく、常温で温めてから飲むような工夫をしてみてください。

グリーンスムージーの基礎知識