グリーンスムージーの便秘解消効

便秘解消効果の高いグリーンスムージーを飲もう

便秘解消効果が高い代表的な飲み物がグリーンスムージーで、下記のような悩みを抱えている女性から人気を得ています。

・コロコロしたウサギのような便が多い
・生理前になるとお通じが悪くなる
・便秘の症状が悪化して腹痛で悩まされている

女性はホルモンバランスの乱れや筋肉量の少なさが原因で便秘を患いやすく、慢性化している人は少なくありません。

そのような女性に効果的なのがグリーンスムージーで、その理由を以下では簡単にまとめてみました。

・生の葉野菜を使っているので食物繊維を豊富に摂取できる
・デトックス効果によって腸内の有害物質を体外へと排出できる
・数種類の野菜や果物を使うので便秘解消に効果的な栄養素をバランス良く摂取できる
・消化酵素の働きを十分に高められる酵素がたっぷりと含まれている

中でも食物繊維を補えるのが非常に大きく、インスタント食品やファーストフード食品に偏った食生活を送るケースの多い現代人が不足しやすい栄養素の一つです。

しかも、グリーンスムージーを飲めば不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類をバランス良く体内へと取り入れることができます。

不溶性食物繊維⇒便のカサを増してスムーズな排出をサポートする
水溶性食物繊維⇒善玉菌のエサとなって腸内環境を良好な状態で保つ

便秘の解消には上記の2種類をバランス良く摂取しなければならず、どちらか片方だけで良いというわけではありません。

「自分は食物繊維をきちんと取り入れている」という人でも、「不溶性食物繊維が足りていない」「水溶性食物繊維の摂取量が少ない」というケースは多いので、グリーンスムージーが効果的なのはお分かり頂けるはずです。

「たかが便秘」と甘く見ている方は多いものの、慢性化すれば肌荒れや疲労感、肩こりやお腹の張りなど様々な症状に繋がりやすいのでグリーンスムージーを飲み続けてみましょう。


グリーンスムージーを飲んで便秘が悪化することはあるの?

美容や健康のためにグリーンスムージーを飲んでいるのにも関わらず、便秘の症状が悪化したという口コミをインターネットで見掛けます。

身体にとって良い働きをする栄養素が豊富に含まれているのは紛れもない事実ですが、グリーンスムージーで症状の悪化を訴えている方は少なくありません。

そこで、グリーンスムージーを飲んで便秘の解消に繋がらない理由を下記では幾つか挙げてみました。

・不溶性食物繊維の多い食材を使い過ぎていて水溶性食物繊維が足りていない
・フルーツとの食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生しやすいでんぷん質を含む食材を使っている
・交感神経と副交感神経の自律神経が乱れて引き起こされる過敏性腸症候群を患っている

通販で人気の製品を飲んでいれば問題はないものの、スーパーで売られている食材を使ってオリジナルのグリーンスムージーを作っている方は注意が必要です。

葉野菜が入っていれば何でも良いわけではなく、あまりにも不溶性食物繊維を摂取し過ぎていると水分不足によってお通じが悪くなります。

便秘の解消には「不溶性:水溶性=2:1」という割合で食物繊維を取り入れなければならないので、水溶性食物繊維が豊富な果物を意識的に加えましょう。

・キウイ
・レモン
・桃
・ブルーベリー
・バナナ
・カキ
・リンゴ

このような果物を加えてグリーンスムージーを作っていれば、便秘の症状が悪化することはありません。

また、便秘の解消に効果的ということでキャベツをグリーンスムージーの中に加えている方はいます。

確かに、「食物繊維が多い」「胃腸の健康を促すビタミンUが多い」「代謝の向上を図るビタミンCが多い」という特徴があるので、便秘で悩む女性におすすめの食材です。

しかし、でんぷん質を含む代表的なキャベツはグリーンスムージーと相性が悪く、腸内で老廃物となるガスが発生しやすくなります。

ガス型の過敏性腸症候群を発症している方は症状の悪化に繋がりやすいので、自宅で作る場合はキャベツを避けてください。


グリーンスムージーの基礎知識