グリーンスムージーの選び方

グリーンスムージーの正しい選び方を心得ておこう

グリーンスムージーを飲むに当たり、どの製品でも良いわけではなく正しい選び方を心得ておかなければなりません。

コンビニの製品でも通販の製品でも使っている食材や原材料は異なり、味や価格も大きく異なります。

そこで、どのような選び方が正しいのか以下では幾つかの指標を挙げているので、グリーンスムージーを飲み始めようと考えている方は一度チェックしておきましょう。

グリーンスムージーを飲む目的別で選ぼう

まず最初に、何が目的でグリーンスムージーを飲むのか考える必要があります。

個人の目的によってグリーンスムージーの選び方も異なり、大きな効果を得たいのならば自分の目的や体質に合った製品を選択しなければなりません。

ダイエット効果を得たい:空腹対策として適したグルコマンナンといった食物繊維が含まれているかどうか
便秘解消効果を得たい:腸内でガスを発生させるでんぷん質を含む野菜が含まれていないかどうか
美肌効果を得たい:ビタミンCやコラーゲン、ヒアルロン酸といった美容成分を含んでいるかどうか

どのグリーンスムージーでもビタミンやミネラルといった栄養素が豊富で、美容と健康の両方を促すことができます。

しかし、使われている原材料や含まれている栄養素には大きな違いが生じており、目的に合わせて選び方を変えなければならないのはお分かり頂けるはずです。

もちろん、「野菜がメイン」「果物がメイン」という製品よりも、食材のバランスが取れたグリーンスムージーを飲み続けるのが良いでしょう。


一方で、便秘解消効果を得たい女性には、食物繊維が豊富で200種類のミネラル酵素が含まれたミネラル酵素グリーンスムージーをおすすめします。

・盛んに分泌される黄体ホルモンが水分を溜め込むように指示を出す
・男性よりも筋力が弱くて腸の運動が鈍くなりやすい
・ダイエットによる食事量の減少で腸の働きが悪くなる

このような理由で女性は便秘で悩まされやすいため、腸のぜん動運動を促したりカサを増したりする食物繊維は必須の栄養素です。

ミネラル酵素グリーンスムージーを飲めば1日に必要な量を簡単に摂取できるので、快適な生活を送るためにも続けていきましょう。

<<ミネラル酵素グリーンスムージーの詳細はこちら>>

身体に悪い人工添加物が含まれていないかどうかで選ぼう

食べ物にしても健康補助食品にしても、保存性を向上させたり見た目を良くしたりするために人工添加物を加えるのは仕方ありません。

着色料や保存料といった添加物が一切含まれていない食品は少ないですし、この点に関してはグリーンスムージーも一緒です。

しかし、中には下記のように身体に悪い人工添加物が含まれている製品があるので、グリーンスムージーの選び方には注意が必要となります。

リン酸ナトリウム:膨張剤やPH調整剤として使われている
ソルビン酸カリウム:遺伝子を傷付ける毒性を持っている
タール色素:発がん性があって蕁麻疹を引き起こすことがある
塩化アンモニウム:大量に摂取すると吐き気や嘔吐を起こす
カルテノイド色素:危険度は低いが大量に取り入れると副作用のリスクがある
エリソルビン酸:医薬品や食品の中に含まれている酸化防止剤
亜硝酸ナトリウム:急性毒性が強く胃の中で発がん性物質のニトロソアミンへと変わる

これらの添加物が含まれたグリーンスムージーは少ないものの、アレルゲンとなる成分が含まれているとアレルギー症状に繋がるので事前に全成分をチェックしておきましょう。

カロリーが低いグリーンスムージーを選ぼう

基本的にグリーンスムージーは野菜と果物を使っているので、どの製品もカロリーは低く抑えられています。

しかし、フルーツがメインのグリーンスムージーは果糖による影響で糖分が多いですし、飲みやすくするために砂糖を加えているものも少なくありません。

1日に1杯から2杯を飲む程度ならば全く問題はないものの、ダイエットを考えている女性はなるべくカロリーの低い製品を選ぶべきです。

もちろん、摂取カロリーを減らしてダイエット効果を促すために、全ての食事をグリーンスムージーに置き換えるのは危険なのでやめましょう。

・毎日の食事で野菜類や魚類を食べて肉類に偏らないようにする
・コレステロールや中性脂肪を減らすオリーブオイルを取り入れる
・消費エネルギーを増やすためにウォーキングなどの有酸素運動を1日に20分以上は行う
・便秘を解消するために乳酸菌サプリや酵素ドリンクを飲む

上記のように様々な角度からの対策を行い、安全に体重を落として理想の体型を得られるように努力してください。

続けやすいグリーンスムージーを選ぼう

豊富な食材を使っていて栄養素のバランスが良いかどうかだけではなく、続けやすいグリーンスムージーを探すのも大事な選び方の一つです。

・粉末の製品を水や牛乳の中に溶かすだけで飲める
・送料を含めてコストパフォーマンスが良い
・数種類の味が用意されていてどれも飲みやすい
・低カロリーでダイエット中の自分でも飲める

個人の感覚によって異なりますが、上記のようなグリーンスムージーならば長期間に渡って続けやすいのではないでしょうか。

どんなに豊富に栄養素が含まれていても、治療効果の期待できる医薬品とは違って健康補助食品なので、一定の効果を得るには根気良く飲み続ける必要があります。

「便秘の症状が緩和した」「体重が○kg減少した」という目に見える変化が得られるまでにかかる期間は、1ヶ月なのか2ヶ月なのか個人の体質によって違うはずです。


グリーンスムージーの基礎知識