グリーンスムージーの1日の目安摂取

グリーンスムージーの1日の目安摂取量はどのくらい?

「グリーンスムージーの1日の目安摂取量はどのくらいなの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

医薬品ではなく健康補助食品なので厚生労働省が明確に決めているわけではありませんが、1日に1リットル~2リットル程度が目安だと言われています。

大きめのコップ2杯~3杯程度なので多いと感じるはずです。

しかし、何も一度に1リットル以上のグリーンスムージーを飲まなければならないわけではなく、以下のように時間帯を変えて少しずつ摂取するのが適しています。

・朝食代わりとして飲む
・小腹が空いた時に飲む
・夕食前の空腹を満たすために飲む
・寝る1時間前に栄養補給として飲む

胃の中が空っぽで吸収率が上がっている朝食時に飲むのが良いと言われているものの、自分の好きな時間帯に飲んでも特に問題はありません。

喉が渇いた時にグリーンスムージーを飲むのも選択肢の一つで、糖分の多いジュースやカフェオレを飲むよりも遥かに健康的です。

最初は量が多いのではないかと感じても、飲み始めているうちに目安摂取量をあっという間に超えてしまいます。

もちろん、1日に1リットル以上を飲まなければダイエット効果を得られないわけではなく、個人の体質や食生活に応じて摂取量を上手く調節すべきです。

偏った食生活を送っている⇒野菜不足に陥っている可能性が高いので摂取量を増やす
野菜や魚を普段の食事で食べている⇒グリーンスムージーを飲む量は少なめでも良い

上記のように飲み方を変えていれば、少しずつ体質改善を図って美容や健康を促進できます。


ダイエットに適したグリーンスムージーの摂取量はどのくらい?

ダイエットに適したグリーンスムージーの摂取量も同じように1日に1リットル~2リットル程度となっています。

「グリーンスムージーを飲み過ぎて逆に太るのではないか?」という不安を抱えている女性は少なくありません。

しかし、グリーンスムージーは野菜と果物で作られた健康的なドリンクですし、脂質や糖質はほとんど含まれていないのです。

低カロリーな飲み物なので多少は摂取量を増やしたとしてもダイエットの弊害とはならず、むしろ痩せるためのサポートに欠かせない存在となっています。

・食事制限によるダイエット中に不足がちな栄養素を効率良く補える
・消化を良くしたり代謝を上げたりする酵素が豊富に含まれている
・グルコマンナンやサイリウムなどの食物繊維によって満腹感を得られる
・朝食の置き換えダイエットで身体に負担をかけずに食事量を抑えられる

上記のような効果がグリーンスムージーにはあるため、健康的なダイエットに取り組みたいという女性から注目を集めているのです。

最初からいきなり摂取量を増やす必要はなく、チビチビと空腹時に飲み続けるだけでもある程度の効果は期待できます。

「1週間で○○kg痩せる」という劇的な変化はグリーンスムージーで得ることはできませんが、徐々に1日の摂取量を増やしていけば自然な形で食事量をセーブできるはずです。

摂取カロリーが減少すれば体重は落ちていきますし、グリーンスムージーの効果によって痩せやすく太りにくい体質を維持できます。

短期間のうちに体重を落とす方法は身体に加わる負担も大きいのでなるべく控えてください。

グリーンスムージーの基礎知識