グリーンスムージーの保存期間

グリーンスムージーの保存期間はどのくらい?

自宅でオリジナルのグリーンスムージーを作り、保存期間はどのくらいなのか疑問を抱えている方は多いかもしれません。

使っている食材の種類によって異なるので一概には説明できないものの、冷蔵庫に入れていても保存期間はかなり短くなっています。

グリーンスムージーを考案したヴィクトリア・ブーテンコさんは、冷蔵庫で2日~3日程度保存できるとコメントしていました。

2日~3日と聞いて、「思っていた以上に短い」「1週間分をまとめて作れないのか?」と感じた方は実に多いのではないでしょうか。

市販されている果汁ジュースとは違ってグリーンスムージーは生の野菜や果物を使っており、時間の経過によって酸化が進んで鮮度が落ちていきます。

1日が経過しただけでも極端に味は落ちますし、ビタミンやミネラルなどの栄養素も失われるのでグリーンスムージーは早めに飲み切らなければなりません。

鮮度が落ちたグリーンスムージーを飲んでお腹を壊す可能性もあるので、冷蔵庫に入れているのならばどんなに長くても保存期間は3日間だと心得ておくべきです。

食材の劣化を少しでも防ぎたいのならば、下記のように良質な野菜を選んでスーパーで購入しましょう。

白菜:外側の葉が濃くて厚みのあるもの
ほうれん草:みずみずしくて張りのあるもの
ブロッコリー:つぼみが大きくて濃い緑色のもの
ニラ:葉先まで真っ直ぐに伸びているもの
春菊:茎が太くて葉の大きいもの
レタス:艶やかな葉で切り口が白いもの
ピーマン:全体的にツヤがあって緑色が濃いもの
チンゲン菜:淡い青緑色でツヤがあるもの

中には品質が落ちている食材がスーパーでは販売されているので、グリーンスムージーで使う場合も毎日の食事で食べる場合も正しい選び方を把握しておいてください。

グリーンスムージーの賞味期限はどのくらい?

市販品のグリーンスムージーならば、賞味期限は半年間から1年間程度と非常に長くなっています。

多くのグリーンスムージーが粉末タイプなので長期保存ができますし、水や豆乳と混ぜ合わせて直ぐに飲めるのが大きな特徴です。

もちろん、賞味期限は製品によって異なりますが、自宅で食材を買って作るよりも長く設定されているのは間違いありません。

・賞味期限が長く頻繁に作らなくても済む
・飲むまでに手間がかからない
・1杯当たりのコスパが良い
・持ち運びして外出中にも飲める

市販品には上記のようなメリットがあるので、自宅で作って飲むよりも遥かにおすすめです。


グリーンスムージーを飲んで効果が出るまでの期間はどのくらい?

グリーンスムージーを飲み始めて効果が出るまでにどの程度の期間がかかるのか、最も気になる部分だと言っても過言ではありません。

基本的にグリーンスムージーは医薬品ではなく健康補助食品なので、何かしらの変化が出るまでには長い期間がかかります。

ダイエットのサポートに繋がったり便秘を解消したりと様々な効果が得られますが、グリーンスムージーを飲んでから数日間で実感できるわけではないのです。

それに、今までの生活習慣によって効果が出るまでの期間は変わるので個人差が生じています。

野菜や果物をしっかりと食べて健康的な生活を送っていた⇒効果が出るまでに時間がかかる
食生活が乱れて不摂生をしていた⇒比較的早い段階で身体に変化が訪れる

何も効果が無いと、「グリーンスムージーを飲んでいても意味がないのでは・・・」と不安になるかもしれません。

しかし、長期間に渡って飲んで少しずつ体質改善をしていくのが本来の目的なので、焦らずにグリーンスムージーを続けてみてください。


グリーンスムージーの基礎知識