グリーンスムージーの効果的な飲み方

効果を高めるためにグリーンスムージーの正しい飲み方を把握しよう

少しでも得られる効果を高めるために、漫然とグリーンスムージーを飲み続けるだけではなく正しい飲み方を把握しておかなければなりません。

健康食品なので飲む時間帯は医薬品のように細かく定められていないものの、間違った飲み方を続けているとダイエット効果や便秘解消効果は落ちます。

そこで、以下ではどのような飲み方がベストなのかご説明しているので、グリーンスムージーを飲む前に一度確認しておきましょう。

・糖分の過剰摂取を防ぐために野菜6:フルーツ4くらいの比率を意識する
・牛乳は消化に時間がかかるので野菜と果物は水と混ぜ合わせる
・栄養素の吸収率を高めるために胃の中に何も入っていない状態で飲む
・1リットル程度のグリーンスムージーを複数回に分けて飲むのも効果的
・粉末タイプの製品は最初に液体を少し入れて溶かしてから残りを加えてシェイクする
・飲み干すイメージではなく食品のように噛みながら飲むのがポイント
・身体の冷えを防ぐために常温に温めて飲む

このような点を意識して毎日グリーンスムージーを続けていれば、得られる効果を最大限に発揮できます。

飲んで数日後に便秘が解消されたり、1週間で5kgも痩せたりという変化を得ることはできません。

それでも、身体の内側から安全に体質改善を図れるのがグリーンスムージーの最大のメリットで、毎日の食生活で野菜不足に陥っている方におすすめです。

当サイトでご紹介しているVegeethieは粉末を液体の中に入れ、スプーンで混ぜるだけと簡単に飲めるようにとリニューアルされました。

ミネラルウォーター:水の臭みを解消できる
アップルジュース:ピーチ味との相性が抜群

水以外にも上記のような飲み物で割ると美味しいです。

グリーンスムージーの間違った飲み方は何?

間違った飲み方でグリーンスムージーを続けていても、本来の効果を得ることはできません。

「毎日飲んでいるのにダイエットに繋がらない」「長期間に渡って続けているけれど肌トラブルが改善しない」という方は、根本的な飲み方が間違っている可能性があります。

以下では、どのような方法で飲むのがいけないのかご説明しているので、一度チェックしておきましょう。

果物をたくさん入れる⇒糖分の過剰摂取やカロリー過多に繋がる
慌てて飲む⇒唾液と混ぜて噛みながら飲むことで満腹感を得られる
キンキンに冷やしている⇒内蔵型冷え性を患ったり胃腸の働きが損なわれたりする
でんぷん質を含む野菜を使っている⇒腸内にガスが発生するのでキャベツや大根はNG
牛乳や豆乳と混ぜる⇒せっかくの野菜と果物の吸収率が損なわれる

このような飲み方は間違っており、どのグリーンスムージーを飲む際にも該当します。

また、「朝食の代わりにグリーンスムージーを飲んでいる」という女性は多いものの、ほとんどの食事を置き換えるのは危険です。

いくら野菜や果物が含まれていても毎日の食事で栄養素を補うのは大事ですし、美容と健康を促すには五大栄養素をバランス良く摂取する必要があります。

・炭水化物
・タンパク質
・脂質
・ビタミン
・ミネラル

グリーンスムージーはビタミンやミネラルは豊富ですが、タンパク質や脂質、炭水化物を取り入れることはできません。

短い期間でダイエットを成功させたい気持ちは分かるものの、無理な食事制限は健康が阻害される大きな原因となるのでグリーンスムージーだけに頼るのではなく毎日の食事も怠らないでください。

グリーンスムージーの基礎知識